2010年03月31日

確定申告だ!わくわく財務会計が使いいい。

はじめての青色申告で、”良い会計ソフトがないかな”と思っていたところ、偶然「経理が楽しい、わくわく財務会計」のホームページを発見! 早速、体験版をダウンロードし試用してみました。

インストールはとても簡単で、再起動後にデスクトップに作成された「わくわく財務会計体験版」のアイコンをクリック!  


まずは、会社情報を入力。

次に”基本設定”・”機能設定”・”経理規定”と処理を進めました。

"勘定科目登録"・"補助科目登録"共にとても分かりやすかったです。

特に"勘定科目"は外注費や保管料など細目に渡り用意されていたので感心しました。

”開始残高登録”では適当に入力したのですが"貸借が一致していませんがそのまま登録を行いますか"と表示され、間違いも判明しますし、とりあえずの入力にも対応できる自由度があり便利です。

 
伝票入力では、日付欄をクリックすると"カレンダー"が出てきて、とても良いです。
科目の選択も下欄に該当する科目のみ表示され、消費税の自動計算も感心しました。
【補足】 入力項目に応じてその候補を表示する[入力アシスタント]機能が用意されています。


特に感心したのは、仕訳ごとに"メモ"が書き込めることとチェック欄があることですね。

999061後で確認したい仕訳が有ると帳簿が付箋だらけになりますが、後で付箋を頼りに開いてみても、なぜ付箋を付けたか思い出せないときがあります。"メモ"が書き込めれば、後から内容がわかるので便利ですね。

【補足】 伝票入力では、取引ごとに注意事項、連絡などのメモを記述することができます([メモ]機能)。

付箋と併用して利用することも運用上、問題ありません。

"保留伝票" もとてもよいと思いました。
【補足】 不明点のある入力途中の伝票は、保留伝票として一時保存しておくことができます。集計金額には影響しません。

あとは、間違った入力をすると"伝票番号"が赤く反転するのも良いですね。
手書きだと間違いの箇所がわからず、探すのに大変な思いをします。

伝票ブラウザの表示も"伝票形式""仕訳帳形式"と切替ができ便利です。
"検索"や"連想ジャンプ"は手書き帳簿では想像できないほどの便利さでビックリしました。
他にも"勘定明細表""摘要集計表"等など、とても便利ですが "前年対比財務諸表"がよいと思いました。
昨日の夜にダウンロードし、2,3時間程度の試用ですが、
機能が豊富で日頃から不便に思っていたことの大半が可能なのにビックリしました。

仕訳のスタイルが登録できると"完璧!!"と思いました。
(試用時間が短くて、発見してないかも)価格が安いのであまり期待していませんでしたが(失礼)本当に優秀なソフトで感心しました。

まだ試用期間が30日あるので、じっくり使いこなして見ます。
試算表とかも試してみたいので・・長くなってしまいましたが、
感想をお送りします。

初心者にも使いこなせる会計ソフト、わくわく財務会計2スタンダード
posted by en at 08:05| ネットエトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。