2006年08月15日

風水とは

風水

出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 より

風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置を決定するために用いられてきた。

気の流れを物の位置で制御する思想。堪輿(かんよ)ともいう。

風水では都市や住居(すなわち生者の居住空間)を陽宅(ようたく)、墓(すなわち死者の居住空間)を陰宅(いんたく)と呼んで区別している。

古代からの相宅や相墓といった占いの技術が陰陽五行説に基づきつつ総合されて成立した。

風水は大別すると、巒頭(らんとう)と理気(りき)に別れる。

巒頭は、その土地の気の勢いや質を地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法であり、形法、形勢派、巒体派などとも呼ばれる。

一方、理気は陰陽五行や八卦、易理(易)、方位など目に見えないもので判断する方法であり、理法、理気派、屋宅派などとも呼ばれる。
ちなみに、現代科学における風水は地磁気と人との関係を追究している。




中国まるごと百科事典
http://www.allchinainfo.com/culture/fusui/001.shtmlより

風水とは、天地のエネルギーである“気”の流れのことです。自然界には、この“気”が宇宙空間、地球、大地に降り注いでいます。

人々は良好な自然の中で暮らし、町や寺院、墓、家などをどのように造るべきかを“気”の流れによって追求してきました。その結果として、環境を整えることによって幸運を招く、『風水術』が誕生したのです。

『風水術』は古代中国で生まれ、早くから日本に伝わり歴史上、都市造りや建築に広く応用されました。

posted by en at 06:11| ネットエトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。