2005年11月24日

プロが業務用で使っている東芝スチームクリーナーJQ-25《スチーム洗浄機》(JQ-25)

すっかり一家に1台というぐらいに普及してきたスチームクリーナーですが、
東芝で発売しているプ ロが業務用で使っているスチームクリーナー 大ヒット商品となりました。
入荷するたびに、すぐに売れてしまうそうです。

この商品は一般の電気屋さんでは販売されていません。
東芝電動工具とし て販売されています。
(東芝電動工具に関するお客様相談フリーダイヤル 0120− 481−159)

プロが業務用で使 っている東芝スチームクリーナーとどこが違うか。

違う点は大きく4点あります。
軽さ、作業時間の長さ、スチームの圧力、付属品の多さです。
プロが業務用で使っている東芝スチームクリーナーJQ-25《スチーム洗浄機》(JQ-25)
■価格: 34440円(税込)

重要なのは軽さです。

単純に重さだけを考えるとタンクを満タンにした状態で本体タンク一 体型(普及品)は2.2キログラムで東芝スチームクリーナーJQ-25は7.3キログラム(水を2.5リットル入れて)で す。

本体タンク一体型(普及品)の方がぜんぜん軽いのですが、本体タンク一体型(普及品)は、水を入れたタ ンクごと常に持って作業する必要があります。

常に2リットル入りのペットボトルを持ちながらの作業すると想像 するとわかりやすいと思います。東芝スチームクリーナーJQ-25は本体部分(水の入ったタンク部分)は床に置い たまま本体から伸びるホースの先のノズルを持っての作業ですから、片手でもらくに掃除ができます。

スチームを出すのもノズル部分を握るだけ、とめるのも放すだけですから本体部分でいちいち操作する 必要がありません。

作業時間の長さです。

本体タンク一体型(普及品)は満タンの状態で連続作業は約10分。
東芝スチームクリーナーJQ-25は満タンの状態で連続作業は約75分です。

10分というと結麹・ニ時間が長いように感じますが、すぐに空になってしまい、
水を足す必要がありま す。
東芝スチームクリーナーJQ-25の連続作業時間は約75分ですから、大掃除の際でもお風呂場、洗面台、洗 濯機など掃除しても助ェな余裕があります。

せっかくお掃除の調子にのってきたときに水がなくなってしまうこ ともありません。

スチームの圧力です。

東芝スチームクリーナーJQ-25は最大圧力が5気圧(他社平 均3気圧)で
業界でもトップクラスの圧力があります。

いままで本体タンク一体型(普及品)ではとどかなかった すきまのカビや汚れや、
頑固な汚れも東芝スチームクリーナーJQ-25のパワーで落とすことができます。
パワーが あるので作業時間も短くてすみます。

付属品の多さです。

せっかくだから、いろんな場所に使いたい。
後から買うより、始めからいろいろな付属品がついているからお得です。
台所にお 風呂で使ったブラシは使いたくない時など区別しやすくとても便利です。

プロが業務用で使っている東芝スチームクリーナーJQ-25《スチーム洗浄機》(JQ-25)【ヒダカ】


プロが業務用で使っている東芝スチームクリーナーをご家庭でも

posted by en at 11:24| PC/ 家電/AV/カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。